みさと天文台の天の川

 月明かりの無いよく晴れた夜空では、肉眼で天の川を見ることができます。 天の川の観察に望遠鏡は不要です。 倍率6倍前後の小型の双眼鏡を天の川に向けると、視野に無数の星々が入ってきて、 天体写真を切り取ったような天の川の微細構造が観察できます。その眺めはあまりに美しいので、 子どもさんに双眼鏡を手渡すとなかなか離さない事もよくあることです。
 最近は、天の川を見たいというお客様が増えています。 学校や地域の団体様はもちろん、カップルで満天の星を楽しんだり(星空デート)、軽装備で星空の写真にチャレンジされる方もよくお見かけします。 お子さんの夏休み、お誕生日などに満天の星空と天の川をプレゼントするという素敵なご家族もいらっしゃいます(ただし、月明かりの有無に注意してください)。

 以下の全天写真は冬の夜空で、中央を横切る明るい帯が、淡い事で知られる「冬の天の川」です。 さすがに冬の天の川は肉眼では控えめな見え方ですが、濃い事で知られる夏の天の川」は実によく見えます。 なお、写真と肉眼とでは見え方が異なり、それぞれに良さがあります。
 夜空には、双眼鏡で見ると最高に美しい天体がいくつもあります。 以下の写真にも、すばる、アンドロメダ銀河、プレセペ、二重星団、オリオン大星雲などの双眼鏡向けの天体が写っています。 月よりも大きいこれらの天体、どこにあるかわかりますか? 低倍率の双眼鏡(安価なものでOK!)をお持ちいただき、これら夜空の秘宝を探してみてください。 探し方は、フレンドリーな天文台職員にお尋ねください。

Milky Way

画像をクリックすると、天の川の写真コーナーがご覧いただけます。


みさと天文台マップ

 写真上の文字をクリックすると説明が見られるよ♪

駐車場 自販機(屋外) トイレ(屋外) 星の塔 月の館 空の庭 105?反射望遠鏡 プラネタリウム 3D Mitaka 8m電波望遠鏡

撮影:LYRA


大型望遠鏡

105cm大型望遠鏡と公式専属モデル

105cm大型望遠鏡とみさと天文台公式専属モデル“りなちゃん&さきちゃん”  

Telescope

撮影:白樫佑将(写真家・みさと天文台友の会)
撮影協力:紀美野町立毛原小学校の皆さん

 和歌山県下最大の口径105cmカセグレン式反射望遠鏡(西村製作所 製)。 口径1m以上の日本の公開望遠鏡12台のうちの1台で、赤道儀+トラス式鏡筒のものは数少なく、大変珍しい公開望遠鏡です。 昼間の営業時間帯は見学ができます。
 星がみえる日の観望会で、 実際に望遠鏡を覗いて星をご覧いただきます。  「夜空が暗い」「大口径」の2つの条件を満たしているため、 特に星雲・星団を美しく観ることができます。
 観望会は、木・曜日の午後7時30分から、 金・曜日の午後7時30分からと午後8時30分から開催します。 予約不要(団体の場合は要予約)でご参加いただけます。
 詳細は、営業案内をご覧ください。

Planetarium

撮影:白樫佑将(写真家・みさと天文台友の会)

プラネタリウム「夢宙空間」

 平成22年3月より登場したプラネタリウム「夢宙空間」! 季節の星座や天の川などについてのお話とともに、ゆっくり星をご覧いただけます。
 曜日・曜日・日の昼間の定期上映や 悪天候時の観望会にて投影いたします。
 定期上映は予約不要(団体の場合は要予約)でご参加いただけます。 詳細は、営業案内をご覧ください。

3D mitaka

3D Mitaka による宇宙の旅

 平成19年7月より登場した3D Mitakaが平成24年7月より114インチフルハイビジョンでリニューアル! 最先端の研究成果をもとに、CGによるリアルな立体映像で宇宙を学べます。 月、惑星、太陽系、恒星、銀河系、何億光年彼方の銀河までの宇宙旅行へご案内します。3Dメガネで眺めます。
 曜日・曜日・日の昼間の定期上映や 悪天候時の観望会にて投影いたします。
 定期上映は、予約不要(団体の場合は要予約)でご参加いただけます。 詳細は、営業案内をご覧ください。

小型望遠鏡

 様々な鏡筒(屈折式・反射式; 口径6〜30cm、6cm太陽望遠鏡)と架台(小型赤道儀・中型赤道儀・経緯台)を所有しています。 105cm大型望遠鏡では向けられない高度の低い天体を観る場合、多人数の観望会、イベント出張観望会、団体に対する特別対応、お客様の望遠鏡に関する個別相談などで使用します。 現在、月の館にて、数台を常時展示しています。
 望遠鏡に関する個別相談の詳細については、 営業案内をご覧ください。

Small Telescopes

8m電波望遠鏡

 宇宙空間の水素ガスが放つ波長21cmの電波を受信して、銀河の地図や星の動きを探ります。
 研究・学校教育専用でみなさんには観測頂けません。予めご了承ください。

Radio Telescope
Garden

空の庭

 紀美野の美しい星空をご覧いただけます。 芝が広がる庭に寝転がり、ゆっくり眺めるのも素敵です。月明かりのない晴天の夜には 天の川もご覧いただけます。
 ただ、夜風の冷たさと夏場の虫にはご注意ください。

Veranda

ベランダ

 星の塔、最上階の屋外にあるベランダです。みさと天文台で一番、見晴らしの良い場所です。 このページのフッターのパノラマ写真はこのベランダから撮影したものです。
 開館日の午後1時より午後6時(水曜は午後5時)までと、 夜の観望会にて立ち寄りいただけますので、その眺めを楽しんでみてください。

トイレ

 星の塔月の館、屋外の3ヶ所にあります。屋外のトイレは24時間利用可能です。車いすでご利用頂けるトイレは月の館にあります。
 洋式トイレはすべて洗浄付き便座です。

Lavatory

自動販売機

 飲料用自動販売機が月の館、屋外の2ヶ所にあります。
 屋外の自動販売機は24時間利用可能ですが、午前0時から正午までの間は加熱・冷却を止めています。予めご了承ください。

Vedingmachine
Receptionist

受付

 グッズや観望会のチケット購入が出来ます。また営業案内、星・望遠鏡の質問・相談などもこちらでお伺いします。

Parking

駐車場

 普通乗用車25台分のスペースがあります。駐車場から主要施設まで階段をあがって少し歩く必要がありますが、これは乗用車のヘッドライトが星の観望の妨げとならないよう配慮しているためです。
 体の不自由な方や歩行困難な方は、営業案内をご覧ください。
 休館日前日の営業終了後から営業再開までの間は締切となります。また、22時を過ぎると照明が消灯します。ご了承ください。

月の館(本館)

 ロビーでは星や宇宙の展示物(木星の巨大模型、光電子増倍管、様々な小型望遠鏡、研究員による番組など)をご覧いただけます。受付、飲料自動販売機、車イスで利用可能なお手洗い3D Mitakaの投影場所があります。
 定期の催し(観望会プラネ、3D)はすべてここからご案内します。特別なイベントもほとんどの場合、ここで行います。
 土足厳禁ですので入口をお入り頂いたらスリッパへお履き替え下さい。

Infohouse

星の塔

 105cm反射望遠鏡や見晴らしの良いベランダプラネタリウムなどがある建物です。
 上り下りは階段のみとなります。ご了承ください。
 土足厳禁ですので入口をお入り頂いたらスリッパへお履き替え下さい。

Obstower

みさと天文台の夕陽

 みさと天文台は遠くの山にぐるりと囲まれつつも、 標高約400mと少し高い位置にあるため、夜空の暗さだけではなく、視界も良好です。 特に西側の山が低いため、毎日色彩が変化する美しい夕陽の見所でもあり、和歌山県の朝日・夕陽100選に選ばれています。

 ただし、太陽は低い位置にあっても、望遠鏡、双眼鏡、カメラのファインダー、裸眼、いずれも直視するのは非常に危険です。絶対に太陽を直視しないよう、お願いします

Sunset
〒640-1366 和歌山県海草郡紀美野町松ヶ峯180 みさと天文台 TEL: 073-498-0305