尾が写ったウィルタネン彗星(46P)(2018年12月15日更新)

 12月16日にウィルタネン彗星(46P)が地球に最も接近しましたが、ちょうどこの頃、ウィルタネン彗星の軌道面に地球が突入しました。 少しでも彗星らしい姿を捉えたいみさと天文台としては、この瞬間を待っていました。 彗星の軌道面にばら撒かれた物質が濃く見える瞬間だからです。
 180mmの望遠レンズで12/14、12/15それぞれの日に撮影し、どちらも彗星に細い尾がついているのを確認しました。 それでも非常に淡いため、両日に撮影したものを彗星の位置で合成してみると、かなりはっきりと尾が出てきました。 逆側にも尾があるような気がしますが、これは極めて淡く、リアルかどうかは微妙です (大きい画像白黒反転画像)。
 撮影データ: 12/14 1:15〜 12/15 0:33〜 f=180mm F3.8 D810A 120秒×21コマ をクロップ

 口径20cm反射望遠鏡で撮影した画像は以下にあります: 11/2912/5

Images

スタッフ(常勤)

  • 台長 山内 千里
  • 研究員 硲間 拓郎
  • 研究員 加藤 裕子
職員

スタッフ(臨時)

2018年03月31日
西さん、本田さん いつも天文台をぴかぴかにしていただきありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
2018年04月01日
松本さん、津村さん、岸裏さん 観望会のサポートこれからもよろしくお願いします。
Image

専属モデル

 2015年9月27日より、紀美野町のリナちゃんとサキちゃんが就任してくれました。 天文台Webページ、みさと天文台の機関誌「Mpc(メガパーセク)」、紀美野町の広報誌、ポスター、パンフレットなど、今後の活躍にご期待ください。

みさと天文台友の会

 みさと天文台友の会は、星とみさと天文台を愛する人たちのボランティア団体で、 みさと天文台の星空ツアー(観望会)で望遠鏡操作や解説補助を担当したり、 商品開発など独自の工夫で天文台を魅力あるものとするなど、主体的に活動しています。
 友の会に入会すると、月ごとの星空案内やイベント案内が掲載された、みさと天文台の機関誌「Mpc(メガパーセク)」が毎月送られてくるほか、 毎年7月に送られる会員特典や提携団体イベントでの各種割引が受けられます。 不定期ですが、土曜日の星空ツアーで季節に応じて賛助会員からのプレゼントもあります。

〒640-1366 和歌山県海草郡紀美野町松ヶ峯180 みさと天文台 TEL: 073-498-0305